新着情報

2021.11.05

白ナンバー飲酒検査義務化2022年10月に変更の可能性 2021年11月5日12時時点

2021年11月5日本日、一部報道機関から、
安全運転管理者選任事業所のアルコール検知器を用いた
酒気帯び確認の義務化の施行時期が、変更となったとの
情報が流れています。

いまのところ(2021年11月5日12:00時点)、
下記等より公表資料を見つけることができません。

○警察庁新着
https://www.npa.go.jp/newlyarrived/index.html

○警察庁長官会見・国家公安委員会委員長会見
https://www.npsc.go.jp/pressconf_2021/11_04.htm


当社からのセミナー資料やご案内文書で、
「2022年4月1日」となっている部分は、今日以降、古い情報となる可能性が出て参りました。

アルコール検知器関連の義務化は、おおむね以下となっていますが

1.アルコール検知器の使用
2.目視による酒気帯び確認
3.酒気帯び確認行為の記録保存
4.アルコール検知器の常時有効性保持

これらのうち、どれかは「2022年10月」となる可能性がありますこと、ご留意下さい。


報道機関ではなく、行政からの正式公表資料が出ましたら、またお知らせ致します。
このページの先頭へ