「輸送安全規則の解釈の通達」と「指導監督の告示」をシステム製品を通して理解する講座(3月)

運輸安全JOURNAL主催点呼セミナー2021
~東海電子のアルコール検知器・点呼システムをお使いのお客様限定~

こんな悩みをお持ちの方にお勧めです!
・運行管理をやっているが、実は知識があいまい      
・コロコロ法令が変わっていて、じつはついて行けていない 
・飲酒教育の方法がわからない、教材がない。       
・一度体系的におさらいしたい
・社内の教育担当だが、教材がうまく工夫できない。
・今度運行管理試験を受ける予定の補助者だが自信がない。


講座1:第20条(運行管理者業務)と3条(過労防止)7条(点呼)
・運行管理者の業務を「円グラフ」にする ・対面? IT?共同?点呼は何種類あるか?
・行政処分の重さクイズ ・IT点呼、OK、NGクイズ
・演習:点呼システムに点呼項目を入れることで7条を理解する
・演習:IT点呼申請書を書いてみる

講座2:第20条(運行管理者の業務)と9条(運転者台帳)&10条(指導監督)
・運転者台帳とe文書法について
・ズバリ、ドライバーの平均年齢は?
・演習: 実際に、クラウド運転者台帳をつかいながら9条を理解する
・教育実施の結果を、クラウド運転者台帳に保存してみる。

講座3:第20条(運行管理者の業務)と飲酒運転防止教育の手法と教材について
・指導及び監督の告示と飲酒教育の関係 ・演習:飲酒者マップ
・演習:アルコール飲料の濃度計算 ・演習:スクリーニングテストの実施方法
・アルコール依存症について
・アルコールとメンタルヘルスについて

★講座@ABの全3回全て参加で受講票を発行いたします。 ご都合のいいお時間でご参加ください。


開催日程:
1週目:午後開催13:30〜15:00  講座1:3/8(月)講座2:3/10(水)講座3:3/12(金)
2週目:午前開催10:30〜12:00  講座1:3/15(月)講座2:3/17(水)講座3:3/19(金)
3週目:夜間開催18:30〜20:00 講座1:3/22(月)講座2:3/24(水)講座3:3/26(金)

■プレゼンター
・飲酒運転防止インストラクター運行管理者(貨物)杉本 哲也
・飲酒運転防止インストラクター運行管理者(貨物)松本 剛洋
・飲酒運転防止インストラクター運行管理者(旅客・貨物)中山 春美
・飲酒運転防止インストラクター運行管理者(貨物)鈴木 善郎

開催概要

開催日時 【講座1】
3/8 1:30 PM
■お申込先
3/15 10:30 AM
■お申込先
3/22 6:30 PM
■お申込先

【講座2】
3/10 1:30 PM
■お申込先
3/17 10:30 AM
■お申込先
3/24 6:30 PM
■お申込先

【講座3】
3/12 1:30 PM
■お申込先
3/19 10:30 AM
■お申込先
3/26 6:30 PM
■お申込先
会場 【開催方法】:ZOOMによるオンライン形式

【受 付】:
ご登録頂いたメールアドレスに詳細をお送り致します。
開始時刻の30分前よりご参加頂けるように調整致します。

■詳細はこちらから:「「輸送安全規則の解釈の通達」と「指導監督の告示」をシステム製品を通して理解する講座」
主催 東海電子株式会社
公式サイト https://www.tokai-denshi.co.jp/
入場料 無料:要事前申込
出展製品 ALC-PROIITenko-PRO2
出展内容 東海電子ウェブメディア運輸安全JOURNAL主催の点呼セミナー2021
【実務者講座編】です!
ぜひご都合のいいお時間でご参加ください!
会場住所 〒000-0000 東京都オンラインセミナーです
地図
 
備考 【講座@】第20条(運行管理者業務)と3条(過労防止)7条(点呼)
2021年3月8日 01:30 PM
■お申し込みはコチラから

2021年3月15日 10:30 AM
■お申し込みはコチラから

2021年3月22日 06:30 PM
■お申し込みはコチラから


【講座A】第20 条(運行管理者の業務)と9 条(運転者台帳)&10 条(指導監督)
2021年3月10日 01:30 PM
■お申し込みはコチラから

2021年3月17日 10:30 AM
■お申し込みはコチラから

2021年3月24日 06:30 PM
■お申し込みはコチラから


【講座B】第20 条(運行管理者の業務)と飲酒運転防止教育の手法と教材について
2021年3月12日 01:30 PM
■お申し込みはコチラから

2021年3月19日 10:30 AM
■お申し込みはコチラから

2021年3月26日 06:30 PM
■お申し込みはコチラから


■詳細はこちらから:「「輸送安全規則の解釈の通達」と「指導監督の告示」をシステム製品を通して理解する講座」


みなさまのご参加をお待ち申し上げております。
印刷
このページの先頭へ